ガンを早期発見するためのPET検査

ガンの最善の治療法は、まず早期に発見することであります。

ガン細胞の成長プロセスをみてみましょう。ガン細胞は、約10年から20年かけて1センチ程度の大きさに成長します。そしてその後は急速に大きくなり、時間の経過とともに治療が困難になるのです。


ですから、ガン細胞が急成長する前の段階で早期発見・治療開始することがガンの治癒率を上げるためにも重要なのです。


ガンは小さいうちは症状が出ないことが多いのに、発症したときにはもう遅いということがあります。結果的に「ガン」は日本人の総死亡者数の3分の1を占めているのです。


自信過剰や怠慢が不治の病を招くきっかけとならないよう、一度PET検査を受けてみませんか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。