ガンを早期発見するためのPET検査

ガンの最善の治療法は、まず早期に発見することであります。

ガン細胞の成長プロセスをみてみましょう。ガン細胞は、約10年から20年かけて1センチ程度の大きさに成長します。そしてその後は急速に大きくなり、時間の経過とともに治療が困難になるのです。


ですから、ガン細胞が急成長する前の段階で早期発見・治療開始することがガンの治癒率を上げるためにも重要なのです。


ガンは小さいうちは症状が出ないことが多いのに、発症したときにはもう遅いということがあります。結果的に「ガン」は日本人の総死亡者数の3分の1を占めているのです。


自信過剰や怠慢が不治の病を招くきっかけとならないよう、一度PET検査を受けてみませんか?

PET検査ってなんだろう?

ひと昔前、ガンは不治の病と呼ばれていました。
でも今は、早期発見によってガンは治療そして治癒できる時代になってきています。この進歩に大きく貢献している最新医療機器が、通称「PET」と呼ばれている陽電子断層撮影装置です。


この「PET」は登場以来これまでの検査では見つけづらかった1センチ程度の初期ガンの発見に威力を発揮し、数多くの実績があります。悪いところは早く発見して治す。そしてPET検査で異常がなければガンの不安から解消されます。とにかくメリットがあるPET検査。これから詳しくご説明していきます。


PET検査を簡単に表現すると、がん細胞に取り込まれ易いブドウ糖に放射性物質で印をつけ、これを注射して体内に異常に集まる部分(がん細胞)がないかを調べる検査です。一般的にはCTなどと合成した画像で診断されます。


PET検査の特徴として、通常のCT検査ではわからないぐらいのごく早期のがんの発見につながることや、検診などで腫瘍が疑われた場合に良性か悪性を判断する参考にもなります(一説には9割近い精度で正しく良性・悪性を判定できると言われています)。肺がん、乳がんを含めた婦人科系のがん、リンパ腫などにも有効性を発揮しますから、大きな苦痛もなく一度に全身のチェックができることも利点となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。